たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  調布市 調布市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2010年02月27日

「ほんまにオレはアホやろか」

展示会場ではさまざまなお声がよせられています。

「妖怪や町の人と共存出来る様に一調布市民としてガンバリます!
いつか水木さんとお会いしたいものです。」

というお声なども・・・。

さて、今日も水木さんのことがよくわかる
本のご紹介ですface01

------------------------------------------------------------------------------------

■「ほんまにオレはアホやろか」  新潮社

水木さんは,小学校時代はガキ大将でメンコや水泳が得意だったのですが,
ガキ大将の仕事が忙しくて勉強はやるひまがなかったとのこと。

そのかわり,自分の好きな趣味に熱中し,
昆虫,貝殻,海藻のコレクションや妖怪や伝説の研究もしました。

中学受験はせず高等科のあと印刷屋に就職しましたが,
失敗をしてすぐクビ。次もまたクビ…。

「この子,ほんまにアホとちゃうかなァ」という両親の目も気にせず,
自然の偉大さに感動しつつ,ぶらぶらしている時代があったからこそ
今の水木さんがあるのだなと納得できる1冊です。

戦争で腕を無くした時にはガキ大将だった時の勇気が水木さんを救い,
その後の日本での苦しい生活も大自然の神々を信じる心で生き抜きました。

「私たちが生きている大地は自由だし,
ねばり強く努力していれば必ず天が助けてくれる」
という水木さんの思想は私たちの生活を明るく勇気づけてくれます。(図書館)
------------------------------------------------------------------------------------


こちらの本も奥の作品コーナーに置いてありますので
お読みいただけますicon12
  

  • Posted by 水木しげる展 at 10:00Comments(0)本のご紹介

    2010年02月26日

    「ねぼけ人生」

    昨日は春一番が吹いて、
    今日もあたたか~い一日ですねface01

    2月の休館日も終わり、展示会場は
    たくさんの方がいらしてくださっています。

    水木しげる展会場では

    まずはみなさんに「豪華版人生絵巻」をご覧いただいています。

    今日は、水木さんの歩んできた道をたどってみたい方に

    オススメの本を調布市立図書館の協力を得てご紹介しますicon12

    ------------------------------------------------------------------------------------

    ■「ねぼけ人生」  筑摩書房

    鳥取県境港に三人兄弟の次男として生まれた水木しげる氏は,
    子ども時代から既に不思議な存在を感じていました。

    「のんのんばあ」との交流から,深く不思議な体験を重ねます。

    ガキ大将で落第生だった子ども時代から絵が好きで,いつも絵を描いていました。

    戦時中,ラバウルで爆撃により左腕を失ってしまいますが,
    現地民との交流もあり,南方は氏に心の安らぎを与えます。

    戦後,職業を転々とし,貧困と悪戦苦闘しながらも,
    紙芝居作者となり,やがて貸本マンガの世界へと活動の場を移します。

    「鬼太郎」,「河童の三平」,「悪魔くん」といった代表作成立の経緯も書かれています。

     偉大なる妖怪漫画家誕生への片鱗を見つける楽しみもあります。

     波乱万丈の数奇な運命を,
    持ち前の明るさとおおらかさで乗り越えていく姿に共感を覚え,
    とても興味深く読み進めることができます。(図書館)
    ------------------------------------------------------------------------------------

      

  • Posted by 水木しげる展 at 16:11Comments(0)本のご紹介

    2010年02月23日

    「ゲゲゲ」の調布

     読売新聞記事
    本日、読売新聞『「ゲゲゲ」の調布』として、

    展示会の様子などが紹介されました。

    水木さんは子どものころ
    「しげる」と発音できずに
    自分の名前を「げげる」といっていたので
    「げげ」というあだ名がついたそうです。
    「ゲゲゲの鬼太郎」の「ゲゲゲ」もここからきたとか。

    調布市文化会館たづくり展示会場は
    2月20~23日まで休館となっており、

    足をお運びいただいたのに、
    展示をご覧いただけなかったお客様
    大変申し訳ございませんでした。

    水木しげる展は明日からまたご覧いただけます。

    どうぞよろしくお願いしますicon_kirakira_r



      

  • Posted by 水木しげる展 at 19:24Comments(2)水木しげる展

    2010年02月19日

    会場休館日のお知らせ

    本日、ご来場いただいた方の数が6000人を超えました!
    ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

    皆様にお知らせいたします。
    「名誉市民水木しげる展 ~調布のまちの水木サン~」の会場である、
    調布市文化会館たづくりは
    2月20日(土)~2月23日(火)まで休館となります。

    3月の休館日は3月15日(月)、16日(火)の予定です。

    皆様のご来場を心よりお待ちしております。  

  • Posted by 水木しげる展 at 21:10Comments(0)水木しげる展

    2010年02月19日

    5,000人突破!!


    2月6日から開催された水木しげる展、

    2月17日、ついに・・・

    来場者が5,000人を超えました!!

    ありがとうございます~face11


    会場外にも変化がありましたが、
    展示室内にも少し変化が・・・。

    12日にブログで紹介した水木作品が読めるコーナーですが、
    新たにブックリストが置かれました。

    見開き4ページ、
    ご自由にお持ちかえりいただけます。

    閲覧コーナーに置かれている73冊の本、すべてご紹介しています。

    読破にチャレンジ!
    してみてはいかがでしょう。




      

  • Posted by 水木しげる展 at 21:05Comments(0)水木しげる展

    2010年02月16日

    展示時間外でもみられる展示物!

    むらさきホール横展示スペース水木しげる展は展示会場だけでなく、会場の外にもみどころがありますface02

    調布市文化会館たづくりの1階むらさきホール横のウィンドウの中に、こどもの城様や調布市商工会様からお借りしてきたものを展示しました!


    本日から、「ぬりかべ」が登場!

    こどもの城」のスタッフがてづくりされたものです。

    本当によくできていて、目の充血したところは赤い毛糸をつかったとのことface08

    ほかにも鬼太郎や目玉おやじ、ねずみ男の秘密がかかれているボードもあり
    つい読みいってしまいます。

    そしてなんと
    「調布市商工会」からお借りした水木先生直筆のだるまの絵も!

    水木しげる展の開場前や閉場後も楽しんでいただけるようになりました。

    展示作業をしている間も、通りがかったみなさん熱心にごらんになっていましたicon_kirakira_y
    場所がちょっとわかりにくいかもしれません。下の地図をご参考に、ぜひ一度ご覧くださいicon_kirakira_y

    展示場所見取り図  

  • Posted by 水木しげる展 at 15:31Comments(0)水木しげる展

    2010年02月12日

    会場奥には・・・

    水木しげるさんといえば、
    「ゲゲゲの鬼太郎」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、
    水木さんの作品は他にもたくさんあります。

    会場では展示物の他にも、水木さんの本を
    手にとってご自由にお読みいただけるコーナーも準備しています。
    もちろん「河童の三平」や「悪魔くん」も用意してあります。

    オススメなのが
    ちょっと気がつきにくいかもしれませんが、
    「原寸大漫画館」
    実はA3サイズで大きくて本棚に入りきらず、
    隣のアンケート記入用の机の上に置いてあるのです。

    水木さんの漫画がなんと原寸大で読めます!

    これには会場に展示してある
    「屁道」「まぼろしの館」がまるまる掲載。

    漫画を読んでから展示室の複製原画をみると、やはり感動します。
    図書館でも「水木さんコーナー」を設置してありますので、覗いてみてくださいね。

    ちなみに今、真光書店では期間限定で鬼太郎ブックカバーが無料配布中です。

      

  • Posted by 水木しげる展 at 19:50Comments(0)水木しげる展

    2010年02月08日

    開催3日目

    土曜日から開催されている水木しげる展ですが、
    3日間ですでに1900人を越える来場者数!
    年齢層、男女を問わない来場者に
    水木先生のファン層のあつさを感じます。

    土曜日にはNHKさんの取材もあり、
    18:45と20:45の首都圏ニュースで展示情報が放送され、
    そのニュースを水木先生もご覧になり
    お喜びいただけたとのこと!!

    2月5日には朝日新聞、7日には東京新聞にも水木しげる展の記事が掲載されました。
    いろいろなところで取り上げていただけ、うれしい限りですface02icon12


      

  • Posted by 水木しげる展 at 20:58Comments(0)水木しげる展

    2010年02月07日

    展示開始しました!

    更新の間が空いてしまいましたが、
    2月6日午前10時、無事展示開始となりました!face02

    この1週間は展示の準備で夜遅くなることもありましたが、
    名誉市民の水木さんのことを多くの皆様に知っていただくチャンス。
    スタッフ全員のチームワークで準備を終えることができました!
    初日の様子
    開場前に並ばれたお客様がいらしたことから、
    水木さんの人気の高さをうかがい知ることができました。

    展示内容は、

    ・水木しげる人生絵巻当時の写真や作品の資料
    ・妖怪ブロンズ像や妖怪のカラーイラスト
    ・作品に登場する調布の景色
    ・調布市と水木さんのコラボグッズ
    ・水木さんの作画風景、家族や仲間との貴重な写真 など。

    一人でも多くの方のご来場をお待ちしております!  

  • Posted by 水木しげる展 at 01:06Comments(2)水木しげる展